恋愛や婚活の疑問・悩みを心理学や統計学を利用して解いていくサイト

恋愛心理学の教科書

婚活

女性の結婚の決め手は?20代・30代・40代が結婚を決意する瞬間

他の人は結婚の決め手としてどんなことを考えているのか、知りたいあなたへ。

  • 「30代はどんなことが決め手になるの?」
  • 「相性やタイミングで決めてもいいの?」

相性や価値観、タイミングなど結婚を判断する基準は人それぞれですが、そもそも「結婚したい!」と思える決め手や瞬間がないとそうそう結婚はできないもの。

でも、結婚の決め手って本音はあまり言いにくいもの。

だからこそ、友達に聞いてもしっくりこなかったりしますよね。

そこで今回の記事では、他の人はどういうことが結婚の決め手になっているのか、本音ベースで年齢別に紹介していきます。

自分が結婚するときの決め手として参考にしてください。

この記事を読むとわかること

  1. 女性の結婚の決め手【20代・30代・40代】

結婚の決め手5選【20代女性編】

今の恋人からプロポーズされているけれど、本当にこのまま結婚してもいいのか迷うところですよね。

多くの選択肢がある結婚適齢期の20代女性は、自分が納得する理由がなければ結婚を先延ばしにする人も多くいるのです。

ここでは20代既婚女性が結婚を決意した理由について解説しているので、参考のひとつにしてください。

この人以外はいないと思ったから

20代の結婚感度が高まっているときに付き合った人は、ほかの人のことが考えられなくなる傾向があります。

相手の是非を理屈で考えるということが難しくなり、感情的になってしまう人も多く見られます。

このため周囲の反対を押し切って結婚したという人もいるでしょう。

20代は異性に対して理屈より感性が働く年代。

感度が高い相手と出会うと、この人以外は結婚相手として考えられないと思ってしまうのです。

正社員で安定していたから

今の時代一生安定している仕事はないと分かっていても、結婚の時には男性に確かな仕事についていて欲しいと思いますよね。

公務員や大企業の正社員勤続3年以上は、20代女性にとって人気のある職業。

特に専業主婦を希望している女性は、パートナーに一生安定した収入があることを望んでいるのです。

瞬間的に高収入となる自営業者よりも、地味でも一生安定している仕事に就いている人が理想という20代女性が多くなっています。

将来性があったから

将来性の高い資格を持っている、海外勤務についていける、給料のアップが見込めるなど、今現在よりこれから先の生活に期待が出来る男性と結婚する女性が多く見られます。

結婚は女性にとって第2の就職とも考えられるため、恋人の仕事に将来性があるかは大きな問題。

現在の状態よりもこれから先の成功に期待をかけるのは、長い人生をともにしたいと願うのなら当然のことでしょう。

不況が続く状態では結婚相手を決める際にも慎重になっているのがうかがえます。

相性が良かったから

一緒の時間を過ごしても楽に感じられる相性の良さが、結婚の決め手となるようです。

どんなにスペックが良くても窮屈に感じたり違和感を感じるようでは、結婚生活は長く続かないでしょう。

高学歴、高身長、高収入みたいに人が羨む男性よりも、自分が自然体でいられる相手のほうが貴重という場合も。

結婚相手に対する考え方も多様化しており、かつて流行った三高だけが理想の結婚相手ではなくなってきているということですね。

勢いがあったから


好きという気持ちだけで結婚相手を決められるのは20代までです。

この勢いがあるため結婚に踏み切れたという人も多く見られますね。

30代に入ってしまうと、将来のことや自分の周辺環境も合わせて考えてしまうため、相手を決めるのが難しくなる傾向にあります。

理性より感性を優先できるのは20代の特徴なので、勢いにまかせて結婚する人も多いようですね。

お互いに結婚したい時期に付き合っている恋人同士は少々のハードルも飛び越えられる力強さもあります。

結婚の決め手5選【30代女性編】

20代にも結婚のチャンスはあったけれど、なんとなくしそびれてしまったという女性も多くいます。

晩婚化が進む中、30代女性が結婚する理由は自分の気持ちプラス周囲の状況が大きく関係しているのです。

ここではあえて30代に結婚を決意した女性の決断理由をご紹介しています。

子供を産むにはラストチャンスだから

子供を産むにはラストチャンスだから

出典:日本産婦人科医会

結婚して子供を産もうと思ったら、30代が限界と感じている人が多いようです。

40代に入ってしまうと体の健康状態に問題が起こったり、赤ちゃんにも異常が出ることもあるという結果が出ていることが理由。

一方、晩産化率は1980年以前に比べて高くなっており、現在は35歳で高齢出産とされています。

このことから30代で結婚を決める人は、妊娠出産の機会を逃したくないというのが理由のひとつでしょう。

20代で良い縁がなかったから

20代で良い縁がなかったから

出典:インテージリサーチ

20代はもっとも女性の結婚願望が強い時期で、男性を上回っています。

婚活も積極的に行っている人が多くいますが、女性の競争率が高いため良い出会いがなかったという人もいるのです。

30代で結婚を決める女性は、希望の男性にめぐり合えないため結婚を先延ばしにしてきたという人が多いのが現実です。

30代に入ると男性の見方や自分の考え方も変わるため、縁のある人と結婚できるというケースが出てくるのでしょう。

親に急かされたら

親に急かされたら

出典:ネットマーケティング

出来るだけ早く結婚して身を固めて欲しいと願う親から、プレッシャーを与えられたことが結婚を決めた理由というケースも多くあります。

周囲への体裁や、妊娠出産年齢、親自身の高齢化など結婚を急かす理由は様々ですが、40代に入ると結婚の縁がなくなってしまうことが一番の理由かもしれません。

一生のうちで出産や良縁のチャンスがある期間は短く、30代がその最後の時期と本人も納得したことが結婚を決めた理由のひとつでしょう。

恋人の収入が安定してきたから

不景気が続く世の中では経済的な安定がないと結婚に踏み切れないと考える人も多くいます。

1990年代以降共働き夫婦の割合が増えてきているものの、妊娠出産を機会として一時的に仕事から離れる人が多いという状況。

自分が退職するのならパートナーに安定収入がないと結婚生活が成り立ちません。

このため、恋人の収入が安定して自分が仕事を退職し、家事育児に専念できるのを見計らって結婚するという女性も多くいるようです。

30代を過ぎるとお見合いがないから


お見合いして結婚しようと考えている人は40代になってしまうと、紹介される数がとたんに少なくなってしまうようです。

男性の結婚願望自体が40代に入ると減ってくるため、良い人を探すとなるとかなり難しくなってくる場合もあるでしょう。

確率の問題なので全くないともいえませんが、結婚願望がある女性がお見合いを希望しているのなら30代がラストチャンスと考える人が多いようです。

結婚の決め手5選【40代女性編】

ここでは40代女性が結婚を決意した理由について解説しています。

経済的にも精神的にも安定している40代女性は、あえて結婚する必要がないと考え、この年齢まで独身を通してきた人が大半です。

しかし結婚願望を持つ女性も多く、きっかけやタイミングがよければぜひ結婚したいという人も多く見られます。

老後独りになるのは心配だから


晩婚化が進む現代では昔に比べて40代で独身でも珍しいことではなくなってきました。

このため生涯独身という人も見かけますが、ふと老後ひとりとなったときのことを考えると不安になる人も多いようです。

30代より高齢者に近い年齢となってきたため、年を重ねることに現実感を持ってきたことが結婚を決めた原因でしょう。

これまで独りの生活を楽しんできた人も、とたんに結婚したくなるという人も見られます。

親を安心させたいから

年老いた親に結婚した自分の姿を見て欲しいということが結婚を決めた理由のひとつという場合もあります。

40代に入ると親の年齢も上がり、70代以降というケースも少なくありません。

親の健康状態が不安定な場合は自分自身も心細くなることもあり、元気なうちに親孝行したいという気持ちも高くなってくるようです。

30代には起こらなかった心境で、40代女性特有の考えといえるでしょう。

仕事を続けていくことに恋人が同意したから

20代のころから打ち込んできた仕事がある女性は、結婚を取るか、仕事を取るか悩んできた人も多く見られます。

恋人は専業主婦になって欲しいのに、自分が仕事を辞めたくない場合は、大きな結婚の障害になるでしょう。

しかし、男性が女性に期待するライフコースがここ20年で大きく変化しており、共働きを希望するケースがぐんと増えています。

このため彼の希望も変わり、仕事継続に同意が得られたという理由もあるようです。

バツイチ彼氏とうまくやっていけそうだから


40代になるとお互いバツイチ同士というケースも多いようです。

離婚する人口が増えてきているため、再婚活に力を入れている人も多いのです。

40代は子供の手が離れて、再婚を考える良い機会なのでしょう。

お互いの理解が得られれば早く再婚したいという人が多く、老後を一緒に過ごせる気の合う人が条件という人が多く見られます。

人生の楽しみを見つけたいから

シングルマザーとして仕事と子育てに忙しかった日々も過ぎると、気が抜けて何をして良いか分からないという女性もいるようです。

これからの第二の人生を一緒に楽しく過ごしてくれるパートナーが見つかれば、再婚に踏み切るという女性も多くいます。

これからは子供のことより自分優先の生活をすることが可能となるため、自由に好きな男性を選ぶことができるのも結婚を決める理由のひとつでしょう。

結婚の決め手のまとめ

結婚の決め手は人それぞれではありますが、本質はたったひとつ。

「幸せになれるかどうか」

この自分が幸せになれるか、または相手を幸せにできるかという本質のために、

  • 職業や収入が安定しているか
  • 相性が良いか
  • バツイチ・再婚でもやっていけそう

という点を見ているのだと思います。

・「他の相手がいないから」
・「お見合い以外に見つけられないから」
・「親のために」

など、自分の幸せや相手の幸せには直接関係がない結婚の決め手も多く見られましたが、一度きりしかない結婚だと思って、満足いく相手と出会うために、新しい出会い方を探してみるのがおすすめです。

マッチングアプリならば出会いの数が保証されていますから、あなたに合うかどうかを比較検討して見極められるはずです。

あなたが幸せになれるかどうかは、相手次第ですが、その相手を見極めるためには比較が重要です。多くの異性から合う相手を見つけましょう。

 

-婚活

Copyright© 恋愛心理学の教科書 , 2020 All Rights Reserved.