恋愛や婚活の疑問・悩みを心理学や統計学を利用して解いていくサイト

恋愛心理学の教科書

出会い

SNSに出会いはあるの?SNSでの出会い方やおすすめのSNSを紹介

なぜSNSが男女の出会いに使えるのか、出会える理由やおすすめのSNSが知りたいあなたへ。

  • 「SNSって出会い厨しかいないんじゃない?」
  • 「SNSでの出会いって怖い」

多くの人はSNSの経験があると思いますが、SNSで出会った人ってあまりいない印象ですよね。

でも、実は統計では、合コンとかで結婚した人と同じくらいの数の出会いがあるんですよ。

しかも、SNSでの出会いはリアルでの出会いよりも、上手くいきやすいという実証データもあります。

今回はそんなSNSでの出会いについて、なぜ出会えるのか、出会えるコツや出会いにおすすめのSNSなどを紹介していきます。

スマホを触ったらいつもSNSをやってる、という人は知らないと損ですので、ぜひ読み進めてください。

この記事を読むとわかること

  1. SNSに出会いはあるのか
  2. SNSでの出会い方
  3. 出会いがあるSNSの紹介
  4. SNSで出会う際の注意点

SNSに出会いはあるの?

『SNSに出会いってあるのかどうか』についてですが、あるか無いかで聞かれたならば『ある』と言えるでしょう。

元々SNSは見知らぬ人とやり取りをするためのものです。

それを通じて出会いがあったとしても、まぁ不思議ではありませんよね。

統計的に見てみると、国内での比較的新しいものとしては株式会社リクルートマーケティングパートナーズが運営する『ブライダル総研』での2014年度版調査結果がありました。

SNS 出会い

出典:リクルート

正直決して多くはありませんが、20人に1人前後と考えれば決して無視はできない数字でもあります。

また、アメリカではオンラインで結婚まで至った人の割合は全体の約1/3で、その内『マッチングアプリ(デーティングアプリ)』で出会い・結婚した人は45%にも及んでいます。

また同調査によれば『オンラインで出会って離婚・別居したカップル』の割合が6%以下だったのに対して、『現実世界で出会ったカップル』は7.5%以上だったといいます。

もちろん海外と日本での違いや母数の違いなどはあるでしょうが、結果だけ見るとSNSなどのオンラインで出会った人たちの方が別れにくいということになりますね。

SNSは元々恋愛のためのツールではないので、普通に使っているだけでは出会いは期待できないかもしれません。

しかし調査結果だけで考えるのであれば、結婚を目指すならばSNSでの出会いも視野に入れて考えたほうがいいかもしれませんね。

ではどうしてSNSで出会えるのか?

その理由を解説していきます。

趣味や嗜好が似ている

SNSに出会いが期待できる理由として、まず『趣味・趣向が似ている』ことがあります。

SNSは人と繋がるためのツールですが、そもそも繋がるためには自分と『話が合う』と思う必要がありますよね。

例えばTwitterを例にとれば、プロフィールの内容やツイートの内容からその人の考えや趣味などを知ることができます。

つまり、SNSで繋がる時点で何かしらの共通点が存在していて、お互いに少なからず共感や興味があると考えられます。

また株式会社明治安田生活福祉研究所が20~40代の男女を対象に行った調査(2016年)によると、結婚条件として『趣味が合う』ことを挙げた人は男女ともに全体の50%以上にも上っています。

このことから趣味・趣向が合う人と繋がることができるSNSは、出会いや結婚相手を探すのに有効なのかもしれませんね。

ゆるくつながっていた親近感

SNS独自の親近感として、『程よい距離感』で『長く繋がっていける』という特徴があります。

SNSは直接会うのとは違い、パソコンやスマホを通して文章でやり取りを行いますよね。これは『直接顔を見て話すと緊張する』人や『話すのが苦手』な人でも程よくリラックスしてやり取りが楽しめるというわけです。

またSNSはパソコンかスマホがあればできます。そのため通常の会話とは違い『時と場所をあまり選ばない』・「一度に大量の文章を送らない」ので、やり取りの回数が多くなります。

接触する機会が多くなるほど親近感を感じやすいという心理学の単純接触効果に通じるものがあり、実際にその効果を利用したロマンス詐欺なども起きているくらいです。

投稿で人柄を知っている

3つ目は、SNSを通じて『相手の人となりを知っている』ことから来る安心感と親近感です。

SNSを通じてその人が投稿した写真や文章、プロフィールなどから相手の考えや好きなもの・嫌いなもの、人柄などが見えてきます。

少し例えは悪いですが、自撮り写真ばかりをアップして『なんで私ってこんなブスなんだろう~』と言っている人を見れば『あぁ…(察し)』となるのと同じようなものですね(笑)。

実際に下記の情報はSNS上からでも確認できるので、「まったくの他人」というわけではないところが出会いに繋がる理由の1つです。

写真や投稿内容
→ 興味があること、趣味、交友関係、行ったことがある場所、好きな食べ物や服、その他趣味趣向全般
プロフィール文
→ 学歴や職業、住んでいる地域、年齢、家族構成

普通に会話をするよりもずっと多くの情報を得ることができると、恋愛対象になるかどうかの判断も早くできそうですよね。

SNSで出会い結婚した人もいる


SNSで出会って結婚した人はそこそこ多く、特にTwitterで出会い結婚まで行ったツイ婚はここ最近多くなってきています。

勿論こういった出会いが主流というわけではなく、あくまで20人に1人であることは統計から見ても分かることです。

SNSで出会い結婚するとき親への説明

SNSで出会って結婚までした人たちの中には『親への報告や説明に困る』と相談していた人も結構いました。

SNSで出会い、結婚した人が話す馴れ初めのパターンをまとめると以下のような感じ。

  • 正直にSNSで出会ったと話す
  • 趣味を通じて出会ったと言う
  • 友達の紹介

相手の男性がきちんとした人なら別に出会い方を気にする必要はないのも事実なので、結局は相手の人間性次第でしょう。

『趣味を通じて出会った』『友達からの紹介』は、かなり広く使われているであろう言い方です。

実際に合コンで出会った場合もこのような言い方が使われることが多いです。

どちらにせよ、その時のあなたと相手の関係・状況によって決めていけばいいと思いますよ。

SNSで出会った場合の結婚式でのなれそめは?

親や兄弟への報告は素直に言ってもいいと思いますが、これが結婚式となったら話は違ってきます。

会社の上司や同僚なども出席する結婚式のなれそめで『SNSで出会った』は、正直きこえが悪いですよね。

一例としてやはり『趣味を通じて出会った』と答えている人が見られました。

確かにSNSでの出会いは『趣味での出会い』とも言えますから、方便というやつです。

またこういった場合は、リアルな出会いを知っている友人には予め言っておいた方が良いでしょう。

スピーチの後に『え、違うよね?』と変に突っ込みを入れられたくはありませんからね。

出会えるSNSとその特徴

それでは具体的にどんなSNSが出会えるか、以下に出会いに向いているSNSをいくつか紹介していこうと思います。

それぞれのSNSの特徴に加えて、

  • 『出会いやすさ』
  • 『男女比』
  • 『出会うためのコツ』
  • 『出会うための注意点』

の4項目で比較・評価しました。

マッチングアプリでの出会い

出会いやすさ 男女比 出会うコツ 注意点
90 6:4くらい ・プロフィール文の充実
・積極的な「いいね」
・ヤリモク
・年収、学歴詐称
・既婚者

マッチングアプリはそもそも『出会い目的』で作られたアプリなので、最初から出会いを前提で相手を探すことができます。

また顔の他にも職業や年収などが予め分かる上に、直接会う場合に比べて『時間や費用が掛かりにくく』・『多くの人の中から同時進行で相手を探せる』などのメリットがあります。

Twitterでの出会い

出会いやすさ 男女比 出会うコツ 注意点
60 7:3くらい ・趣味アカを増やす
・定期的なツイート・ファボ
・性格把握に努める
・しつこい絡みはNG

Twitterはタイムラインなどで相手の発言や趣味などをある程度把握することができます。

また、フォロワーなどから交友関係なども知ることができて、やり取りのハードルも低めなのが特徴です。

使っている人が多く、出会える人数が多いのが使う上でのメリットでしょう。

Instagramでの出会い

出会いやすさ 男女比 出会うコツ 注意点
40 4:6くらい ・センスがある写真掲載
・顔写真を1枚は掲載
・異性ばかりのフォロー
・しつこい絡みはNG

Instagramは写真中心のSNSですが、文字でない分相手や自分の趣味やセンスの良し悪しが一目で分かりやすいのが特徴です。

また、他のSNSに比べて顔写真を載せている人が多いことから、イケメンや好みの男性を探しやすいのもメリットのひとつでしょう。

Facebookでの出会い

出会いやすさ 男女比 出会うコツ 注意点
30 5:5くらい ・プロフィール文の充実
・写真掲載
・マメなコメント
・友達申請は慎重に

Facebookは実名登録で、多くの人がリアルでの友人や親族と繋がっている傾向があります。

そのため信憑性が高く、また相手の職業や学歴といった情報も事前に得ることができるのも便利な点です。

こちらも使っている人が多いので、出会える人数は多くなるでしょう。

TikTokでの出会い

出会いやすさ 男女比 出会うコツ 注意点
50 5:5くらい ・マメなコメント ・ガツガツはNG
・出会い厨に注意

TikTokは動画をアップできるSNSなので、写真に比べてリアルな動きや相手の様子を見ることができます。

また、動画をアップするというSNSなので顔を載せる人も多く、その分見た目に自信がある人が多いのも特徴でしょう。

SNSで出会い、付き合うには

SNSを出会い目的で使うのであれば、それぞれの特徴を活かして使うことをおすすめします。

例えばTwitterなら『タイムラインによる趣味や性格の把握』を活かして『あ、この人とは話が合うな』とお互いが思えるような人と繋がる、Instagramならば顔写真が載せやすいのでさり気なく見栄えの良い写真をアップするといった具合ですね。

最初はあくまでも『性格や趣味といった内面的なものが一致する人』を探して繋がることを考えていきましょう。

『趣味や好みが一致する』というのがSNSならではの魅力なので、それを存分に活かしていってください。

また上で紹介したように、単純接触効果を期待してなるべく小まめにやり取りをして交流を深めていくことも大切ですよ。

すぐに『会おう!』という人はヤリモクの場合も多いため、焦らずに時間をかけて相手との交流を深めていくのが肝心です。

SNSで知り合うきっかけ作り

SNSで知り合うきっかけとして良いのは、『趣味や共通の話題』もしくは『すでに仲が良い友達の友達を狙う』辺りがおすすめです。

そして、『話が合いそうだから』という風できっかけを作った方が自然です。

SNSは顔が見えない分話題に意識が集中しますので、純粋に会話ややり取りを楽しむことができます。自分の趣味や好きなことで検索をかけるなどして話が合いそうな異性を探してフォローする、という形が一番シックリくるでしょう。

また、今まで使っていたアカウントとは別に趣味専用アカウントを作っておくと便利です。

もしもあなたがそのアカウントで不用意な発言をしていた場合『あれ?この人性格良くないかも』と思われてしまう可能性があります。

欝イートなどの闇発言が多い人は注意しておきましょう。

SNSで出会いデートに誘う・誘われる

デートへの口実に使うのであれば、共通の趣味のイベントがより自然で盛り上がりやすいでしょう。

例えば好きなアーティストのライブチケットが余ったので一緒に行かないか聞いたり、ゲームやコミュニティのオフ会などに一緒に参加しないかと誘ったりするのが一般的です。

自分から誘うのに抵抗がある人は、何か良いイベントがあったら『面白そうだね!行ってみたい』とそれとなく話題を振ってみてはどうでしょう。

よほど鈍い男性かその気がない人でなければ、お誘いの連絡がきっとあるでしょう。

SNSでの初デートの注意点

いよいよ彼との初デート、でもその前に注意しておいた方が良いことがあります。

それは、以下の4つ。

  1. リラックスして臨むこと
  2. 夜のデートは避けること
  3. 期待しすぎない
  4. 相手が怪しくないかを確認すること

いくらSNSで頻繁にやり取りしてても、実際に会うのは初めてです。

実はお互いに思うように会話が出来なかった、緊張して終始無言だった、なんてことになったら悲惨ですよね。なるべくリラックスして、自然体で臨むようにしましょう。

また、ここまで長い間交流をしてきたなら大丈夫かもしれませんが、万が一ということもあり得ます。相手の男性に変な気を持たせないためにも、初対面で夜に会うのは避けた方が無難です。

SNSに顔写真をアップしている場合を除けば、このデートが初めての顔合わせとなります。会ってみたけどタイプじゃなかった、なんてことも(残念ながら)あり得るでしょう。だからといってあから様にガッカリしては相手にも失礼です。過度に期待や妄想はせず、あくまで『顔合わせ』『事実確認』程度のつもりでいた方が良いでしょう。

最後の『相手の確認』は重要なことですので、しっかり行っておいてください。会って話してみたら変な宗教の勧誘だった、なんてことだって可能性としてはあり得るんですよ。

相手と話をしながら言っている内容がSNSでの発言・プロフィールと相違ないか、なにか違和感がないかなどしっかりチェックしておきましょう。

SNSでの恋愛を成就させるには

SNSで出会い、付き合った後、意外にもその恋を長続きさせるのは難しかったりします。

SNSでの出会いのデメリット注意点

SNSでの出会いに興味はあっても、やはり『怖い』という気持ちが先立ってしまう人もいると思います。

ネットの出会いによる事件が過去にある以上、それは仕方がないことかもしれません。

しかしそれはネットやSNSに限ったことではないので、必要以上に不安に思うこともないでしょう。


以下に『SNSでの出会いのデメリットや注意点』について記載していくので、これらに気を付けて慎重に事を進めていってください。

遊びやヤリモクの被害に合うことが多い

SNSでの出会いで、恐らく最も気になる注意点がこれでしょう。

実際に各SNSには『出会い厨』などと呼ばれる存在もいて、『オフパコ』やら『ヤリモク』なんて言葉がある以上『身体目当て』の出会いや被害はやはり存在します。

残念ながらヤリモクの割合や見分け方などを調べた研究などはありませんでしたが(当然かもしれませんが)、一般的なヤリモクの見分け方というものはあります。


勿論これは一般論や経験則によるものなので、これだけ守っていれば大丈夫orこういう人は絶対ヤリモクという訳ではないです。

距離が縮まる速度というのは人それぞれです。

しかし、ヤリモクの被害を受けないためにも、あなたがちょっとでも『怪しいな』『急すぎる』と感じたなら一歩引いておいた方が身のためです。

上で紹介した『時間をかけて交流を深める』『夜のデートは避ける』の他下記にも注意しましょう。

ヤリモクを回避するため

  • 自分の家や相手の家には行かない
  • カラオケなどの密室も避ける
  • 終電は絶対厳守
  • お酒は飲まない
  • 相手が運転する車での移動は避ける
  • 下ネタは言わない/答えない

しかし警戒するがあまり相手とのデートを楽しめなかったり、相手に『俺はそんなつもりないのに…』と不愉快な思いをさせるのも考えものです。

あくまで程度を守りつつ、健全に初めてのデートを楽しんでいきましょう。

SNSの出会いは怖いこともある

ヤリモク以外にも女性にとって怖いことは多々あります。

振ったらストーカーみたいに付きまとわれた・本名を教えたら色々なSNSでしつこく絡まれた、などはSNSでの出会いあるあるです。

SNSでの出会いが事件になった例もある

SNSで見知らぬ人と出会い、事件に巻き込まれたケースもあります。

ただ、確率的に本当にごくごく稀なことですので、事件に巻き込まれるからやらない、というのはちょっと勿体ないですね。

SNSでは出会いはあるけど少ない

実際に統計では20人に1人くらいの割合で結婚まで至っている人は確かにいます。

でも決してこの数字は『多い』とは言えませんよね。

無視はできない数字であっても、多い訳ではない以上、SNSでの出会いは『普通の出会い』方とも言い難いです。

実際に出会って結婚している人がいる以上、出会いの手段のひとつとして考えるのはいいかもしれませんがやはり出会いそのものは少ないと考えるべきです。

それならば最初から『SNSはサブ』と割り切って、マッチングアプリといった『それ目的』のものを使った方が効率はいいでしょう。

マッチングアプリだと『ヤリモク』が多そうと思うかもしれませんが、正直出会い厨がいる以上『ヤリモク』はどこにだっています。ヤリモクやタイプの相手から返信が来ないといったデメリットはどちらを使おうと友達の紹介であろうが、合コンであろうが、どうしても可能性をゼロにすることはできません。

ならば、そこは割り切りつつも、せめて婚活志向の強いマッチングアプリを使うことで誠実な出会いを掴んだ方がいいはずです。

また、マッチングアプリは選び方によって婚活に真剣な男女が多いもの、遊び目的の男女が多いものなど種類が豊富です。

ここからは婚活に真剣な男女が多いものを紹介しますので、ぜひ参考にしてください。

日記機能がついたブライダルネットがおすすめ

安全性 サクラ対策 料金(3ヶ月プラン) 用途/利用者層
・本人証明書の種類が豊富
・日記機能
・コンシェルジュ機能あり
・女性:3,160円/月
・男性:3,160円/月
ガチ婚活向き
年齢高め

SNSでの出会いのメリットとして、投稿やプロフィールから予め相手の人柄を把握できることが挙げられます。

実際に投稿写真や行った場所などを見れば、「この人と趣味が合いそうだな」とか、「こんな感じの人なんだ」というのがわかるもの。

そういったSNSのメリットを持ったマッチングアプリとして、[ブライダルネット_テキスト]というものがあります。

ブライダルネットはマッチングアプリでは珍しく、日記を投稿して、その日記を見て「合いそうだな」と思ったらコメントを残したり、申込み(いいね)をして相手とマッチングします。

他のマッチングアプリが写真など第一印象でぱっと「いいね」をしてマッチングするのに比べてブライダルネットは、「なんか、さくっと気軽な感じの出会いじゃないな・・・」という気もしますが、日記を介した出会いは毎月7500人も誕生していますので、意外にマッチングしやすいんですよね。

しかも、人柄を確かめた後ですから、出会いの失敗率も低い傾向にあります。

ブライダルネットのデメリット

デメリットとして唯一、「女性が有料」というところが挙げられます。

ただ、無料のマッチングアプリだと女性は暇つぶしにやっていることが多く、それに釣られて入ってきた男性も同じく遊びでやっている人が多くなります。

対して、有料のマッチングアプリだと女性は暇つぶしではなくガチ志向の方が多くなります。

それに釣られて入ってきた男性も婚活志向の方が多くなります。

なぜなら、ヤリモクや遊び目的の男性にとっては、同じく暇つぶしや遊び目的で気軽にやってる女性の方がターゲットにしやすく、ブライダルネットのようなガチな婚活アプリは避けようとします。

女性が有料な点はデメリットであることは確かですが、それゆえの恩恵があるのも事実です。

ブライダルネットのメリット

婚シェルが色々とアドバイス・サポートしてくれる

日記機能で人柄がわかるし出会いの精度が上がる


ブライダルネットはマッチングアプリというよりも婚活アプリ。

よって、結婚が前提の恋愛になるので、男女ともに真剣な出会いを探してる人が多いです。

遊びや気軽な恋愛に飽きたし、もうそういうのはいいや、という人には最適な出会い方と言えます。
[ブライダルネット概要長い]

SNSでの出会いまとめ

記事の内容を振り返ってみましょう。

  • SNSで出会うことはできる
  • 出会える理由の多くは「趣味や共通点」
  • でも、出会いがある確率は5%ほど
  • SNSでの出会いは怖いこともある
  • ヤリモクや出会い厨などが多い
  • 真剣な出会いを探してるならマッチングアプリ
  • その中でも[ブライダルネット_テキスト]がおすすめ

SNSでの出会いも合コンや友達の紹介といったリアルでの出会いも、相手を見極めなければいけないのは変わりません。

親友の紹介で出会ったとしても遊ばれて終わるなんてことも普通にあります。

であるならば、最初から出会いの数が多く、相手を比較できるマッチングアプリで出会うのが最適であり、効率的ですので、やらないのは本当に勿体ないですよ。

-出会い

Copyright© 恋愛心理学の教科書 , 2020 All Rights Reserved.