恋愛や婚活の疑問・悩みを心理学や統計学を利用して解いていくサイト

恋愛心理学の教科書

Omiai

Omiaiの年齢確認は危険?隠したりはできるの?クレカでも可能?

Omiaiの年齢確認で提出する書類の個人情報って悪用されたり流出する危険はないのか知りたいあなたへ。

マッチングアプリは全て年齢確認のために保険証や免許証などの書類を提出する義務があり、Omiaiも例も漏れずこの年齢確認が存在します。

「年齢確認が出来ればいいだけなんだから、住所とかの情報っていらなくない?恐いから隠して提出したいんだけど」って普通は思いますよね。

ですが結論から言うと、Omiaiの年齢確認は書類の一部を隠したりすると審査に通りません。

では、Omiaiに提出した個人情報は安全なのか?

今回はOmiaiの年齢確認において審査に提出した個人情報の扱い方や安全性について解説します。

この記事を読むとわかること

  1. Omiaiの年齢確認方法
  2. クレジットカードで年齢確認や情報を隠すことは可能か
  3. Omiaiの個人情報の管理は安全なのか

Omiaiの年齢確認は恐いという声が多数

Omiaiを始めとしたマッチングアプリでは必ず年齢確認などの本人確認がありますよね。

アプリによっては必要な情報以外を黒く塗りつぶして提出できますが、Omiaiでは黒く塗りつぶすことはできず、そのままの画像を運営に提出することになります。

こちらの2つのツイートのように、住所などを含めた個人情報を全て提出することを不安視する声も多くあります。

こういった声もありますが、基本的にOmiaiでは個人情報が流出する可能性はかなり低いと言えます。

その理由はOmiaiを運営する株式会社ネットマーケティングは2017年にJASDAQに上場しており、上場審査における個人情報の取り扱いにおいては他の上場していないマッチングアプリ会社よりも遥かに厳しく管理を行っています。

もし、個人情報が流出してしまったら運営会社は信用を失ってしまうというリスクもあるので、本人確認書類を提出させるのはアプリ内での審査のためだけだと言えます。

当然、迷惑メールが届いたり勧誘、LINEなどに悪質な申請が来ることはないので安心してください。

Omiaiの年齢確認・年齢認証の手順

Omiaiの年齢確認の手順は以下の通りになります。

年齢確認書類を画像で提出する

年齢確認をする時に必要なのは、こちらの書類のうち一点になります。

  • 運転免許証
  • 健康保険証
  • パスポート

Omiaiの運営が画像を審査する

基本的に画像が不鮮明だったり一部が隠れている、18歳未満などといった問題がなければ、審査はスムーズに進んでアプリをすぐに使うことができるようになります。

書類の提出もスマホで撮影してアップロードするだけなのでとても簡単ですよね。

審査の時間は遅くても24時間以内には完了し、最短で15分程度となります。

Omiaiはクレジットカードで年齢確認できる?

クレジットカードの中には18歳以上でなければ登録できないものもありますよね。

そういった意味でクレジットカードは年齢確認をする書類のひとつとして使えそうな気がしてしまいますが、クレジットカードは年齢確認の証明書として対象外となっています。

クレジットカードの写真をアップロードしても生年月日を確認できないため、証明書類としての効力は弱いです。

よって、18歳以上でしか作れないとはいえ、Omiaiではクレジットカードは年齢確認に使えません。

Omiaiの年齢確認で住所は隠せる?

Omiaiの年齢確認では基本的に住所を含めて一部を隠して本人確認を行うことはできません。

仮に審査に通らなかった場合は再度、隠さずに審査に出せばいいだけですので、もう一度住所が隠れていない写真を使って本人確認の審査を受けるようにしましょう。

Omiaiで年齢確認しないと使えない機能

Omiaiでは年齢確認をしなくても使える機能と年齢確認をしなければ使えない機能があります。

プロフィール検索 いいねを送る メッセージの交換
年齢未確認 ×
年齢確認済み

上記の図からもわかるように、Omiaiでは年齢確認をしなくても相手のプロフィールを検索したりいいねを送る、マッチングすることまではできます。

しかし、メッセージや連絡先の交換などは年齢確認を行ってからでなければできないので、出会いに繋げるためには年齢確認が必須となります。

その他のOmiaiで年齢確認するメリット

Omiaiで年齢確認するメリットは”認証済み”という年齢確認をした人にしか付かないマークが付くようになり、相手に安心感を与えることができてマッチングしやすくなることです。

また、本来有料の一部の機能も無料で使えるようになるなどの特典もあることにも注目したいですよね。

その機能とは相手が1ヶ月以内にもらったいいね数がわかったり、相手にも認証済みのマークが付いているかがわかるという機能です。

年齢確認をして1週間はこの機能を有効に使い、良い出会いに繋げましょう。

Omiaiで年齢確認が通らない・できない例

Omiaiで本人確認をしても審査に通らないという人もいますよね。

指定されている書類をアップロードしているのになぜ?と疑問に思う方もいらっしゃるかもしれませんが、Omiaiで審査に通らないのは文字が読み取れないほど画像がぼやけて不鮮明だったり、証明書の一部が見切れている場合です。

また、対象となっている書類以外の証明書はもちろん、明らかに合成や加工がされているなどカスタマーセンターが不適切だと判断した場合にも年齢確認が通らないでしょう。

証明書の提出では18歳未満の人はもちろん、年齢のサバを読もうとしても年齢確認の審査に通りません。

Omiaiの年齢確認は本人確認ではない危険性はある

Omiaiの年齢確認はあくまでも規制法のための確認であり、本人確認とは少し異なります。

つまり、氏名と生年月日が運営に確認されても、審査で見られるのは生年月日であり、本当に本人の証明書が提出されているのかなど詳しいことを調べられる訳ではありません。

したがって、他人の証明書を使ってなりすましで登録されるといったことも可能だと言えます。

しかし、本人でない場合にはマッチングした時にバレるので意味がないですし、Omiaiの場合には複数の通報があればイエローカード、そして更に悪質な行為を繰り返すと強制退会となってしまうので意味がありません。

イエローカードは一度退会すれば消えるものではなく、Facebookのアカウントが同じであれば一定期間は消えない仕組みとなっています。

そういった意味で、Omiaiは本人確認までをしっかりと行わなくても比較的安全に使うことができるマッチングアプリだと言えるでしょう。

ただ、本人確認ではなく年齢確認に留めている、というのはけっこうシャレにならない事が起きる原因でもあります。

例えば、相手にバレることを承知の上で、高校生が登録しており、会ってみたら高校生だった、という事例も他のマッチングアプリで起きたことがあるのも事実です。

Omiaiの年齢確認後に年齢変更はできるの?

Omiaiでは登録時と年齢確認の時にしか生年月日を登録することができず、しかも年齢確認の時に登録した年齢が証明書と一致していなければ審査に落ちてしまうことになります。

したがって、年齢を間違えれば審査を通りませんし、証明書なしで後で変更することは不可能なので、年齢確認後に年齢変更をして年齢をごまかすということは基本的にできません。

年齢の登録を間違えたら

上記の通り、後で変更することはできません。

よって、年齢を間違えて登録してしまった場合は諦めて他のマッチングアプリを掛け持ちすることをおすすめします。

実際にOmiaiとはユーザー層が異なるPairs(ペアーズ)やwith(ウィズ)であればまた違う出会いがあるでしょう。

Omiaiの年齢確認のまとめ

Omiaiを利用するには指定されている証明書で年齢確認をすることが基本となりますが、必要なところ以外を隠して提出したいという方も多いですよね。

ただ、Omiaiの年齢確認はクレジットカードではできないですし、審査に通るために隠さずにそのまま提出することをおすすめします。

Omiaiでは悪用されたり個人情報が流出することはまずないですが、どうしても気になる方は他のマッチングアプリを使いましょう。

-Omiai

Copyright© 恋愛心理学の教科書 , 2020 All Rights Reserved.