恋愛や婚活の疑問・悩みを心理学や統計学を利用して解いていくサイト

恋愛心理学の教科書

Omiai

Omiaiの登録はFacebookなし・やってない人でも可能

OmiaiにFacebookなしで登録したいあなたへ。

結論から言うとFacebookなしで電話番号さえあればOmiaiに登録できますが、ログインの際に面倒くさかったり、身バレしやすいデメリットがあります。

今回は、Omiaiに登録する2つの方法と手順を解説しつつ、それぞれのメリット・デメリットを詳細にお伝えします。

出来る限りお得にOmiaiを使いたい、という人は読み進めてください。

この記事を読むとわかること

  1. Omiaiに登録する2つの方法
  2. Omiaiに登録できない場合の例
  3. Omiai登録後にすべきこと

OmiaiはFacebookなしでも登録可能

OmiaiはFacebookなしでも登録可能
Omiaiには、Facebookと電話番号の2種類の登録方法があります。

Pairs(ペアーズ)などでは友達数が10人以上ではないと登録できませんが、OmiaiはFacebookの友達数に制限はないので、Facebookに登録してすぐの友達が0人の状態でも登録できます。

また、Facebookを使用していない場合でも、携帯やスマホを持っていれば電話に送られてくるコードで登録(SMS認証)ができます。

Facebook/電話番号登録のメリット・デメリット

Facebookと電話番号、それぞれで登録する場合のメリット・デメリットはどんなものがあるでしょうか?

Facebook登録のメリット

・プロフィール作成が楽にできる
・ログインが楽にできる
・Omiai内で知り合いが表示されない

Facebook登録のデリット

・Facebookの友達数が分かってしまう
・Facebookのセキュリティ面

電話番号で登録するメリット

・Facebookを登録せずにOmiaiに登録できる
・セキュリティ面に不安がない

電話番号で登録するデメリット

・知り合いにバレてしまうことがある
・毎回のログインが面倒

では、順に見ていきましょう。

Facebookのメリット1:プロフィール作成が楽にできる

登録時にFacebookの年齢や性別が反映されるので、入力の手間が省けます。

また、写真もFacebookのものを設定することができます。

Facebookのメリット2:ログインが楽にできる

Facebookにログインしている時にOmiaiにログインをすると、アカウントやパスワードを入力せずにログインできます。

Facebookのメリット3:Omiaiに知り合いが表示されない

Omiai上で友達に発見されると気まずいですが、Facebookの友達はOmiai上には表示されないようになっているので、友達にはバレにくいです。

Facebookのデメリット1:Facebookの友達数が分かってしまう

Omiaiのプロフィールに、Facebookの友達数と交際ステータスが表示されます。

何人と表示されるわけではなく登録人数により「~10・10+・50+・100+・200+・300+・400+・500+」という表示になります。

Facebookを積極的に使用しているかいないかで、友達数はかなり違いますよね。

Omiaiには相手の検索条件として、Facebookの友達数や交際ステータスを設定することができます。

あまりに多い場合など、何かに勧誘されるのではといった警戒をされる。また、10人以下とあまりに友達数が少ない場合でもサクラ等と思われることもあります。

Facebookのデメリット2:Facebookのセキュリティ面

Facebookで個人情報流出が問題になったこともあるので、セキュリティが不安になる方もいると思います。

どうしても心配な方は、Facebookではなく電話番号での登録をお勧めします。

電話番号のメリット1:Facebookを登録せずにOmiaiに登録できる

Facebookを利用していない方でも、電話番号さえあればFacebookに登録することなくOmiaiに登録できます。

電話番号のメリット2:セキュリティ面に不安がない

携帯電話の番号のみの登録なので、それ以上の個人情報はプロフィールなどで登録しなければ流出しません。

電話番号のデメリット1:知り合いにバレてしまうことがある

Facebookの登録と違い、つながりは分からないため知り合いなども表示されます。

場所などの検索条件がピッタリと合ってしまうと、知り合いでも構わず表示されてしまいます。

電話番号のデメリット2:毎回のログインが面倒

ログイン時には毎回登録した電話番号に送られてくるコードの入力が必要です。

Omiaiは安全性が高い

Omiaiは個人情報の管理や個々のやり取りのセキュリティ管理を徹底しています。

24時間365日有人によるサポートをしているなど安全性も高く、またFacebookで登録しても勝手に投稿されたり、いいねされることはありません。

Omiaiに登録する方法

Omiaiに登録する方法
先にご紹介した通り、OmiaiにはFacebookと電話番号の2通りで登録できます。

登録方法を詳しく見ていきましょう。

FacebookでOmiaiに登録する手順

Facebookの登録の手順は下記の通りです。

Omiaiにアクセス

Omiaiのサイトにアクセスします。

「Facebookアカウントを利用してはじめる」ボタンを押す

Facebookにログインした状態で登録しようとすると、「○○としてログイン」と画面に出てきます。

今ログインしているFacebookアカウントでOmiaiに登録する場合はそのボタンで、もし登録したいFacebookアカウントとは違う場合は、右上の下向き三角をクリックして、「ユーザーを切り替える」でユーザーを切り替えて下さい。

基本プロフィールを登録する

基本プロフィールは4項目

・ニックネーム(本名以外、全角10文字以内で登録します)
・生年月日(登録後は変更できません)
・性別(登録後は変更できません)
・居住地

入力が済み、18歳以上確認のチェックボックスにチェックを入れると登録可能になります。

詳細プロフィールを登録する

基本項目の次は、詳細プロフィールを入力します。

この項目は、全て後からも変更できますが、しっかりと書いてある方がマッチング率も上がるので、早めに登録することをおすすめします。

写真を登録する

写真も後からでも登録できますが、やはり見た目は気になる方が多く、最初に登録しておいた方がマッチング率がアップするので、登録してください。

電話番号(SMS認証)でOmiaiに登録する手順

  1. Omiaiサイトにアクセス
  2. 「Facebookをお持ちでない方はこちら」をクリック
  3. 携帯番号を入力
  4. 携帯電話に送られてきたログインコード番号の入力
  5. 基本プロフィールを登録する
  6. 詳細プロフィールを登録する
  7. 写真を登録する

後でも登録可能ですが、早めの登録をおすすめします。

5~7は、Facebookで登録の場合を参照してください。

Omiaiに登録できない例

下記の場合、Omiaiに登録できない、またはエラーになる可能性があります。

  1. 同じ方法で重複登録している
  2. Facebookのステータスが既婚である
  3. 18歳未満または高校生である
  4. 過去に強制退会させられている

それでは、一つずつ見ていきましょう。

重複登録

過去にFacebookで登録している場合、再度Facebookで登録することはできません。

でも、電話番号で登録するなど、以前と違った方法でなら登録可能です。

Facebookのステータスが既婚

Omiaiは、真剣に恋人や結婚相手を探すマッチングアプリなので、結婚している人は登録できません。

そのためFacebookの交際ステータスが既婚者の場合は、登録条件を満たしていないため登録不可能です。

18歳未満か高校生

18歳未満の人や、18歳でも高校生の場合、出会い系サイト規制法により登録できません。

強制退会経験済み

過去に何かしらの原因で強制退会になっており、Omiaiのブラックリストに載っていたら登録できません。

Omiaiの登録後に年齢確認を忘れないで

Omiaiの登録後に年齢確認を忘れないで
Omiaiには、年齢確認しないとできない以下の事があります。

・マッチング相手とのメッセージのやりとり
・プロフィールの非公開設定機能の使用
・相手のいいね数を見る

できない事はこれだけですが、一番大切なことは異性からの信用度に関係する、ということです。

年齢確認は免許証や保険証で行われます。

つまり、年齢確認していない人はどんな人なのか分からないと思われるので、異性の信用を得られにくいのです。

マッチングには年齢確認をしている事がとても大切なので、登録後は忘れずに年齢確認をしてください。

Omiaiと掛け持ち登録がおすすめのマッチングアプリ


マッチングアプリは同じプロフィールで登録していてもアプリによってマッチング率やマッチングする相手が全然変わります。

それは、マッチングアプリによってユーザー層がある程度固定されているからです。

ハイスペックな男性が多いアプリにはそういう男性を好み、かつそういう男性が好きな女性が登録しています。

仮に男性の大学生が多く見るような雑誌やサイトに広告を打ち、大学生が多く登録したとします。

女性の方は社会人が多く見るような雑誌やサイトに広告を打つとします。

そうした場合、女性はほとんど「うわ、学生ばかりじゃん」ということで退会しますから、運営側からしても売上が上がらないわけです。

よって、「男女の相性が良いようにユーザー層を保つ」という動機が生まれるわけです。

ですので、ハイスペックな男性が多いマッチングアプリには同じくハイスペックな男性が、学生が多いアプリには学生が多く集まります。

あくまでも私見ですが、Omiaiは他のマッチングアプリよりも「一部の女性にいいねが偏らないシステム」などを採用しており、多くの女性に婚活の機会が与えられますし、真剣な男女が多い印象があります。

ただ、その反面、「まずは気軽な恋活をしてみたいな~」という方にとっては堅く感じてしまうかもしれません。

ですので、そういう場合はマッチングアプリを掛け持ちし、どちらが合うかどうかをしばらくやってみて判断すると良いでしょう。2週間くらいやってみて、自分に合う方を続ければ良いだけです。

そこで、Omiaiとは毛色が違うマッチングアプリとしてwith(ウィズ)をおすすめしています。

with(ウィズ)は心理学や統計学を駆使した性格診断を元に男女の相性を占うようなゲーム感覚で楽しめるマッチングアプリです。

Omiaiと比べて若干ですが若い年齢層が登録しており、婚活よりも少しだけ恋活に寄っているマッチングアプリです。

「まずは恋活から気軽に」という方におすすめです。

関連記事

この他、おすすめのマッチングアプリはこちらの記事にも載っていましたので、参考にしてください。

OmiaiのFacebookなしでの登録のまとめ

Omiaiは、Facebookを登録していない方でも電話番号で登録できます。

そして、女性は完全無料で利用できますし、男性も会員検索・プロフィール閲覧・マッチングなど、無料でOmiaiを使ってみて、気に入ったら有料会員になることもできます。

Omiai はFacebookがなくても電話番号で簡単に登録できるので、まずは登録をし、Omiaiでぜひ素敵な人との出会いを手に入れて下さい!

-Omiai

Copyright© 恋愛心理学の教科書 , 2020 All Rights Reserved.