恋愛や婚活の疑問・悩みを心理学や統計学を利用して解いていくサイト

恋愛心理学の教科書

マッチングアプリ

【マッチングアプリとは】出会い系アプリとの違いは?どっちの方が出会えるの?

マッチングアプリっていうけど結局は出会い系サイトみたいなもんでしょ?って思っているあなたへ。

最近よく聞くようになった「マッチングアプリ」

なんか聞きなれないけど、結局は出会い系と同じじゃんって思いますよね。

そこで今回は、

  • マッチングアプリの出会いって危険なんでしょ?
  • 出会い系と何が違うの?

みなさんのこんな疑問を解決します。

昔はネット上の出会いって危険で悪徳なイメージがありましたよね。

でもマッチングアプリができてからは、かなり安全に出会えるようになってるんです。

実際に使ってる人だってとても多い。

昔の出会い系とは違って、今のマッチングアプリは安全に出会えて料金やシステムも非常に良心的なんです。

こうしている間にもどんどん利用者が増えている状況だから、「どうせ出会い系」って思って使わないのはすごくもったいないでしょう。

でもこの記事を読めば、マッチングアプリの実態や特徴、出会い系との違いがわかるから、「危険なんじゃないの?」っていう不安や「本当に出会えるの?」っていう疑問がすべて解消されますよ。

使ったことがなくて心配な方でも、最後に初心者におすすめのマッチングアプリを紹介するからぜび読んでみてくださいね。

この記事を読むとわかること

  1. マッチングアプリの実態と特徴
  2. 「出会い系」との違い
  3. 初心者におすすめのマッチングアプリ

マッチングアプリとは:実態を解説

マッチングアプリとは:実態を解説

マッチングアプリとは、インターネットにプロフィールを登録することで異性と出会うことのできるアプリをいます。

その目的は恋人づくり

最近ではかなり主流になってきている恋愛手段でしょう。

実際にマッチングアプリが流行りだしたのは、2016年ごろからです。

ほんの数年前までは、「インターネット上に顔写真を公開するなんて危険でしょ」って考えが主流でしたが、2013年に実名や顔写真を使用する「Facebook」が流行してからは世間の意識が変化しました。

また、最近では写真特化型SNSの「instagram」などが人気となったことにより、若者世代を中心に「顔写真の公開は正しく行えば安全」という認識が広く浸透しました。

そして、これらのSNSの延長として「マッチングアプリ」が利用されるようになったのです。

また、よくマッチングアプリと混同されるのが「出会い系」です。

しかし、マッチングアプリと出会い系は全く違うので注意しましょう。

簡単にいうと、マッチングアプリは真剣な恋活・婚活ができるアプリで出会い系は遊び感覚・おやじがエロ目的でやるものです。

間違えて出会い系に登録することがないよう、しっかり区別してください。

マッチングアプリの利用率は?本当に出会いやすいの?

マッチングアプリの利用率は、年々高くなっています。現在の利用率はというと…

マッチングアプリの利用率は?本当に出会いやすいの?

マッチングアプリを利用中の人が9.1%、過去に利用したことがある人が13.7%。

合計すると22.8%もの人がマッチングアプリを利用したことがあるんですね。

つまり、9人中1人は今まさにマッチングアプリで恋人探し中

そして、5人に1人がマッチングアプリ経験者ということになります。

意外と利用率が高くてびっくりしませんか?でも、日本では今後もさらに利用者数が増えると予想されています。5年後には現在の2倍以上の人がマッチングアプリを利用しているでしょう。

というのも、それはアメリカ シカゴ大学の調査結果を見ればわかります。マッチングアプリの先進国であるアメリカでは、ネット上の出会いをきっかけにした結婚率がすでに3分の1以上を占めているんだとか。

(前略)またその普及を受けて、オンラインで知り合ったケースとそれ以外との比較研究なども活発に行われている。たとえばシカゴ大学のジョン・カシオポ教授が主導した調査研究によると、2005年から2012年までの間にアメリカで結婚したカップルのうちの3分の1以上がSNSを含むオンライン上で出会っており、またオンラインで出会ったカップルの方が幸福度が高く、結婚も長続きしている。
(引用:Webnttpub.)

また、上記の調査によれば、ネット上の出会いのメリットは成婚率が高いだけじゃない。幸福度も高く、良好な夫婦関係が続きやすいことも大きな魅力なんですね。でもなんでネットの方がうまくいくんでしょうか。

その理由は簡単です。オンライン上の恋愛は通常の恋愛よりも手軽でスピーディだからなんですよね。ちゃんと活動すればそれだけ多くの人と出会えるから、たくさんの人の中から本当に価値観の合う人を見つけることが可能となるでしょう。

マッチングアプリで付き合う割合は?

マッチングアプリの最大手「ペアーズ」では、累計会員数と累計交際数を公表しています。

そこから男女が付き合う割合を求めると、結果は以下の通りです。

ペアーズの場合
累計会員数 700万人
累計交際数 12万人
付き合う確率 1.7%

「あれ?結構少ないんじゃない?」と思った方も多いはずです。

でも、この数字には以下のような注意点があります。

  • 交際数は退会時のアンケートによる自己申告の数字
  • 退会後に交際を開始したカップルは含まれない
  • 会員数には幽霊会員も含まれる

この公表されている交際数は、ペアーズを退会する時のアンケートを集計したものです。

しかし、これはあくまで自己申告なのですべての人が回答しているわけではありません。

また、退会してから交際に至ったカップルは含まれていないので、これらを考慮すると、実際の交際数は公表されている数よりもかなり多くなることがわかるでしょう。

そして、マッチングアプリには必ず「使い方がわからない」「登録したけど面倒くさい」などの理由で積極的に活動しない幽霊会員も存在します。

特に男性の場合は、月額課金をしなければ出会えないアプリが多いので、課金はせずに登録だけして放置している人が多いんですよね。

そんな人たちを除くと、交際率はさらにUPします。

マッチングアプリの特徴や出会い系との違いは?

マッチングアプリの特徴や出会い系との違いは?

 

ここでは、マッチングアプリの特徴を説明します。

出会い系と勘違いされやすいけど、実際は全然違うからよく確認してくださいね。

登録時にFacebookアカウントが必要なことが多い

マッチングアプリの場合はFacebookのアカウントが必要になる場合が多いです。

この場合、Facebookをマッチングアプリと連携させることになるんですが、それによるメリット・デメリットはこんな感じ。

FB連携のメリット

  • 業者や不審者が侵入しづらい
  • 友達や知り合いにバレなくなる

Facebook連携のアプリには、業者などが少ないという特徴があります。

また、Facebookでつながっている友達は検索をしても表示されないような仕組みになっているので、知り合いに見つかることなくこっそり恋人探しをしたい方にもおすすめです。

次にデメリットを見てみましょう。

FB連携のデメリット

  • Facebookがないと登録できない
  • 友人の人数が少ないと使えない

Facebookの連携が必須のマッチングアプリなら、事前にFacebookのアカウントをもっていないと登録できません。

ここがちょっと面倒くさいですね。

また、友達数が極端に少ないアカウントも業者などの可能性が高いとして、連携を拒否されたりします。

10人以上の友達がいれば連携可能なマッチングアプリが多いので、Facebookを始めたばかりの方は注意したほうがいいでしょう。

Facebookのアカウントが必要ないマッチングアプリもあるので、気になる方はこちらの記事を読んでみてくださいね。

月額課金(月定額)

マッチングアプリ 料金

マッチングアプリの料金システムは、月額課金制です。

1ヵ月プラン、3ヵ月プラン、6ヵ月プランなどがあり、固定の金額さえ支払えばそれ以上の課金は必要ありません。

一方で、出会い系の料金システムはなかなか悪徳です。

メッセージを送るたびに課金が必要なので、支払う料金に上限がありません。

そのため、メッセージをしすぎて「気が付いたら1ヵ月で3万円も課金していた!」なんてこともある。

サクラも多いから、「お金だけ消費して全然出会えない」っていう悔しい思いをさせられるでしょう。

下の記事でも紹介してますが、ペアーズは男性が月額課金制、女性は無料で使えるマッチングアプリなので、気になる方はこちらから料金を確認してみましょう。

真剣な恋活・婚活男子・女子が多い

「出会い系」には本当にサクラが多いんですが、逆にマッチングアプリは真剣に恋活・婚活している男女が多いです。

実際に交際から結婚に発展したカップルもたくさんいるので、その実績と評判を聞きつけた人がたくさん登録しています。

マッチングアプリのビジネスモデル

クリーンなマッチングアプリとブラックな出会い系の事業戦略を比較してみましょう。

どちらも男性会員がお金を支払うことで事業が成り立ちますが、仕組みは全く違うんですよね。簡単にまとめるとこんな感じ。

マッチングアプリのビジネスモデル

  • 売上=男性会員の数×月額会費

マッチングアプリは、男性会員を増やすことが直接的な収益につながります。

よって、男性会員の満足度を高める必要があり、ちゃんと女性と出会えるかどうかがとても重要となっています。

そのためには、女性会員がたくさんいないといけないし、女性会員が安心して使えるように安全性も高めないといけないんですよね。

出会い系のビジネスモデル

  • 売上=男性会員のポイント購入額

出会い系は、1人あたりのポイント購入額を増やすことが重要です。

メッセージの送信にポイントの消費が必要となるため、男性がたくさんメッセージを送信すれば儲かります。

それゆえサクラが多く、全然出会えないから男性会員の満足度もあがらない。

そして男性さえ釣れればOKだから、女性会員が安心して使えるかなんてどうでもいいっていうのが出会い系です。

マッチングアプリと出会い系のビジネスモデルには、このような違いがあります。

それゆえ、「実際に出会えるのか」「安心して使えるのか」というところに大きな差ができるんですね。悪徳な出会い系にはくれぐれも注意しましょう。

マッチングアプリと出会い系の出会い方の違い

マッチングアプリでは、丁寧にメッセージのやり取りをするのが基本です。

しかし、出会い系はほとんどの場合が、短文で簡単なやり取りとなるでしょう。

真剣な出会いを求めるマッチングアプリでは、内面的な相性もチェック項目に入るので、丁寧にコミュニケーションをとる必要があるんですね。

一方で出会い系はセフレ作りや遊び相手探しが目的なので、ノリが合えばOKって感覚。

マッチングアプリの方が安全

安全性を比較して断然おすすめなのは、マッチングアプリです。

先ほどもお伝えしたように、出会い系はメッセージを送信させればさせるほど稼げる仕組みなのでサクラが多いです。

そして、Facebookの連携も必要ないから業者、既婚者などもわんさか存在します。

しかし、マッチングアプリなら月額課金制だからサクラの心配もないし、年齢確認や本人確認もしっかりしています。

そして、マッチングアプリ上のプロフィールの審査も徹底してたり、メッセージの内容も24時間365日監視してくれたりと至れり尽くせりです。

ただし、これらのシステムはすべてのマッチングアプリで実施されているわけではありません。

安全性のレベルはそのアプリによって異なるので、詳しくは以下の記事を読みましょう。

マッチングアプリの市場規模

マッチングアプリの市場規模

マッチングアプリの市場規模って気にしたことありますか?市場規模とは、その商品やサービスでどのくらい売り上げが見込めるかを表したものです。

つまりは、市場規模が大きければそれだけその商品やサービスが流行っている、必要とされているということになります。

マッチングアプリ 市場規模
上記のグラフは、これまでの市場規模と今後の予想です。

2018年が374億円であるのに対して、5年後の2023年は852億円と予想されています。

その差は約2.7倍。つまり、マッチングアプリは今後もさらに流行していき、スタンダードな恋愛スタイルになっていくということでしょう。

マッチングアプリのユーザー数・利用者数

マッチングアプリのユーザー数は、日々増えていってます。

代表的なマッチングアプリの会員数を紹介しましょう。

3ヵ月以上ログインしていない会員は退会手続きをしていない幽霊会員なので、「3ヵ月以内にログインしている人数」が実際の会員数と思っていいでしょう。

pairs(ペアーズ) with(ウィズ)
累計会員数 約8,000,000人 約1,000,000人
現在の会員数 3,100,153人 709,890人
現在の男性会員数 2,195,140人 460,370人
現在の女性会員数 905,013人 249,520人
3ヵ月以内にログイン(男性会員) 550,405人 168,331人
3ヵ月以内にログイン(女性会員) 341,692人 96,040人

マッチングアプリの中でも最も会員数が多いのは、ペアーズです。

サービスの提供は2012年からなので、まだマッチングアプリが普及していないころから地道に利用者数を増やしてきました。

withは2016年にアプリがリリースされたばかりなので、まだ会員数が少ないです。

しかし、まだ2年しかたっていないのにこれだけの利用者がいるので、注目度の高いマッチングアプリだとわかります。

メンタリストDaiGoさんが監修しているので、占い好きの男女を中心に人気です。

最近は新しいマッチングアプリがどんどん作られていて、その数は20個以上になります。どれも特徴が異なっていて非常に魅力的なので、どのアプリも会員数が急増中です。

初心者でも始めやすいおすすめのマッチングアプリ2選

マッチングアプリをまだ使ったことがないって人のために、初心者でも使いやすいものを選んで紹介します。

好みのお相手が絶対に見つかるマッチングアプリ:Pairs(ペアーズ)

ペアーズの特徴

  • 会員数がダントツで多い
  • 月額課金制だからサクラゼロ
  • 女性は無料で使える
  • 24時間365日パトロール
  • Facebook連携可能で友達にバレない

ペアーズはなんといってもその会員数が魅力です。

異性の好みが厳しくて理想の相手になかなか出会えないって悩んでる方でも、きっと条件に合う人が見つかります。

マッチングアプリのなかでも最も会員数が多いのがペアーズなので、ここで見つからなかったら本当に諦めた方がいいかもってレベルです。

美男美女も多いし、普段知り合えないような異業種、レア職業の方とも出会えるチャンスがあります。

Facebookがなくても登録できますが、連携させたほうが知り合いにバレにくくて安心でしょう。

相性診断が充実していて楽しいマッチングアプリ:with(ウィズ)

withの特徴

  • 真剣度抜群のおすすめマッチングアプリ
  • 「心理学×統計学」で相性がわかる
  • 月額課金制だからサクラゼロ
  • 女性は無料で使える
  • 365日24時間監視サポート

メンタリストDaiGoさん監修だから、相性診断がすごく充実していて楽しいです。

占いが好きだったり、内面の相性が合う人と出会いたいっていう人におすすめでしょう。

アプリの使い方はDaiGoさんがわかりやすく説明してくれるので、初心者の方でも使いやすいです。

マッチングアプリのまとめ

  • マッチングアプリの出会いはかなり定番化してきてる
  • 「出会い系」はサクラが多くて出会えないし安全性も低い
  • マッチングアプリは安心、安全が高くて理想の相手に出会いやすい

マッチングアプリは、昔のような「出会い系」とは全然違います。マッチングアプリなら、真剣に婚活、恋活している人に出会えるし、料金なども良心的。

特にさきほど紹介したペアーズとwithなら、私も実際に使ってみて安心して出会えるなってわかったので本当におすすめです。

気になる方はぜひ気軽に登録してみてくださいね。

-マッチングアプリ

Copyright© 恋愛心理学の教科書 , 2020 All Rights Reserved.